合宿免許は地元で利用できない場合がある

自動車の免許を取得するときには教習所に行きます。おそらくは自宅から近いところ、学校から近い、会社から近いなど通いやすいところを選ぶでしょう。多くは駅などから送迎バスを出してくれています。各学校とも生徒集めに一生懸命になっています。基本的に一般の教習所では入学に制限を設けることはありません。どこに住んでいる人でも入ることができます。後は自分で学校まで通えるかの問題です。しかし合宿免許の場合は少し異なります。一定の制限が設けられる場合があります。合宿と言われるだけあって基本的には宿泊をしながら教習を受けます。そのことからか地元の人が利用できない場合があります。その教習所のある都道府県に住んでいる人、地域に住んでいる人が利用できない場合があります。すべての教習所が行っている制限ではありませんが、確認しておいた方が良いでしょう。

合宿免許は通学よりも安く利用できる

高校などでは通学して行く場合と寮に入って行く場合があります。どちらが高いかです。同じ学校の場合は当然寮に入っている方が高くなるでしょう。寮に入っていれば食費などもかかります。学校が変われば多少変動があるかもしれません。自動車の免許を取得する場合は通学よりも合宿免許の方が安くつくことがあります。通学の場合は純粋に教習を受けるだけです。一方合宿なら教習の他に宿泊をする費用が掛かります。その他食事や交通費などもかかる場合があります。食費や交通費はプランがありすべてついている場合、ついていない場合があります。でも宿泊費は必ずついていくらになっています。それでも通学をするよりも安くなっています。効率的に多くの人を教習できるので、その分教習費用が安くなっているようです。旅費などを足しても安い場合が多いです。

合宿免許は、新しい街に行くきっかけとなります。

運転免許を取得する必要がある時に、新しい街に行く良いきっかけとなるように、合宿免許に参加する事も大事なポイントです。合宿に参加する際に、いろんな場所を選ぶことができます。宿付きの環境を見つけることができるため、行ってみたい街に足を運べるようにすることもでき、良い刺激となる方もいます。なかなか県外に出かける機会がない方もいますが、目的があって出かける場合、スムーズに出発できるようになります。合宿免許の場合、卒業するまで、しばらく街に滞在できるので、その街のことを良く知ることができます。都会で普段生活する方の場合、地方の自然豊かな環境に行き、リラックスできる方もいます。今までと違った環境にくことで、街を歩くだけでも、いろんな発見があり、自由時間を楽しめるようになる方もたくさんいます。合宿免許をきっかけに、新しい街に出かけてみることもおすすめです。